2006年06月25日

番長!南国ですよ!

777.JPG番長、神々の川で水浴び中。

全然夏がコネエじゃねえか!と6月でもストーブ焚いちゃう北海道を脱出。
古事記公演に向けて「神々の里・ひゅうが」へ取材旅行。
しかし番長は宮崎県日向市出身なので、帰省とも云うんじゃがね。
666666.PNG
旅の軌跡はこんなんです。
札幌を出発し、東京で4時間だけ滞在。
宮崎空港から九州をちいさく一周。
さりげなく日本縦断。
空港ごとに一枚一枚脱いで行く快感です。
うふふ。
深夜の宮崎空港へ到着後、どう見ても人間のかたちの染みが天井にあるホテルで一泊。
太陽ぎらぎらのふるさと日向へ。
熱い!ビロウがわんさか生えてる!
常夏だ!サングラスしてもまだまぶしい熱帯の朝に「へへへ」と絶えずニヤニヤしながら一路「神々の里・高千穂」へ。
「京都は新撰組テーマパークよ!」と云うくらいに高千穂は「古事記」テーマパーク。
人生で3回目の来訪ですが、常に興奮して変な汗が出るとです。
観光協会のHPはこちら↓
http://www.takachiho-kanko.jp/
VFSH00746.JPG
お写真は「高千穂郷」。
日頃の行いが限りなく悪い番長ですが、何故かぴかぴかのお天気。なんでだろう。
蟻よりちいさく写るボートをひやひや漕いでいます。
あれれ?ただの観光ですばい。
VFSH0074.JPG
しめ縄に飾られた石は「鬼八の力石」(重量約200トン)
鬼が力自慢をしたという伝説の石だそうよ。
200トンがどのくらい重いのか、番長は想像もつかないね。
神々の身長は推定25メートルくらいですね。
巨大な自然の中に立つ人々は、比例するようにとてもおおきい。
でいだらぼっちぐらいにね、ゆうゆう、のっそり、歩いてゆくよ。


posted by 番長 at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 高千穂 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19798746

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。